ジアミンアレルギーとは?

ジアミンアレルギーとは?


ヘアカラーをする上で、
広くヘアカラー剤に使用されているもので
「酸化染料」と呼ばれる
化学成分があります。

その酸化染料が原因となって起こる
アレルギー性接触皮膚炎のことを、
美容業界では【ジアミンアレルギー】
と呼んでいます。

ジアミンアレルギーの症状の代表としては
  • カラーをして数時間後に、痒みが出た
  • 頭皮だけでなく顔や瞼が腫れた
  • 頭皮に赤みと大きめの湿疹が出来る
  • 頭皮がジュクジュクし傷口から汁が出る
  • 24〜72時間後に一番症状が悪化する
等です。

このような症状が一度でも
出たことがある方は、残念ながら
今後通常のヘアカラーをすることは
もう出来なくなります。
更に重症化すると、
動悸、息切れ、頭痛、
呼吸困難や心肺停止などの
アナフィラキシーショックの症状が
稀に出てしまうことがあるのです。

アレルギー反応は
よくコップの水に例えられますが、
コップの大きさは人それぞれ違うもので、
徐々に蓄積されていき
最後には溢れてしまう。
花粉症なども同じ原理ですが、
これがアレルギー反応です。

ジアミンアレルギーに関しては
花粉症等とは違い、多くの方は一生のうちに
その許容値に達することが少ないため
問題視されにくいですが、
誰でも起こりえるアレルギーなので
注意が必要になります。

美容師さんの中に
ジアミンアレルギーの方が多いのは、
日頃から薬に触れる機会が通常よりも多く、
例えゴム手袋をしながらの施術でも
空気中に成分が飛沫していたり
ゴム手袋から浸透していたりするからです。

「ジアミン」とは、
酸化染料と呼ばれている染毛成分の中で、
特にアレルギーを発症する頻度が高い

「パラフェニレンジアミン」

の事を指すことが多いです。
※ジアミンと呼ばれる物は数種類あります。

カラーをする際、明るくする成分と
色味を出す成分があるのですが、
ジアミンは色味を出す成分にあたります。

当店ではノンジアミンカラーを
することは可能です。
が、
色味を出すジアミンが入っていないので、
色味には限りがあります。

しかし、
HC塩基性カラー剤とミックスする事で
完全なノンジアミンではありませんが、
多くの美容室で使われている
通常のカラー剤と比べると、
ジアミンの濃度も格段に低くなり
頭皮に対しての刺激が少なくなります。
よって、
軽度のジアミンアレルギーの方であれば
色味の幅も広がります。

ジアミンアレルギーの重症度は
しっかりと皮膚科での検査が必要だったり、
カラー剤との相性や
その時の体調によっても変わってくるため、
当店でHC塩基性カラー剤でカラーする場合も
少しでもジアミンアレルギーの
可能性がある方であれば
きちんとしたパッチテストが
必要になります。

龍ケ崎 で 上質な パーマ エステ アイラッシュ ができる 美容室

龍ケ崎 で 髪・顔・身体 など、全身綺麗になれる 美容室 です。特に パーマ に特化し、今まで体験したことのない本当にお手入れのしやすい パーマスタイル をご提供いたします。また、 エステ では上質な オールハンド の フェイシャル や コラーゲンマシン が体験して頂けます。また、従来の付け放題とは違う、お客様のなりたいイメージに合わせた まつエク アイラッシュデザイン をご提案します。

0コメント

  • 1000 / 1000